亀山仁写真展「ミャンマーの人々と戦果の記憶」

期間:2022.5.5-11

場所:ポートレートギャラリー

作者はすでにミャンマーの人々や風景の写真を冬晴ギャラリーなどで発表し、写真集も出版している。

ミャンマーの子供たちの写真は外国人が撮る写真に関心があり、撮ってもらいたがる愛嬌がある、いわば、我々にとっては懐かしい子供たちの表情を写している。

今回は子供たちの写真もあるが、とても年配の彫りの深い人々の写真が展示されている。その人たちは戦時中のインパール作戦の頃に日本兵と関係した人々で、その頃の日本兵の慰霊祭を欠かさず行っている人だったりする。作者はミュンマーに日本兵が残した行跡を辿って、日本との関係を掘り下げようとしている。現代の日本と2021年にクーデターを起こした軍隊との関係にも立ち入ろうとしている。ミャンマーの人々の生活のあり方にも影響を及ぼす、政治にも関心を深めていると言えよう。

風景写真もインパール作戦の場所であったなどの詳しい説明がついていて、教えられることも多い。

本田光 写真展「うきま」

期間:2022_4.28-5.11

場所:エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

第2回 epSITE Gallery Award 受賞

タイトルの「うきま」は作者と妻が住んだ「浮間」地区の風景モノクロの風景写真と所々に妻の日常での写真が入っている。

写真は8×10、4x5などの大型カメラで丁寧に撮影。台所の妻の正面からの写真はレンズの写りが良い。良いレンズを借りて撮ったとのこと。

2人の生活の様子がステイトメントに記されているが、喧嘩をした後の妻の言葉が引用されている。

「あなたはまだ、本当に大事なものを失ったことがないのよ。」

なんか自分にも当てはまりそうで、びくりとする。

作者はシナリオライターで、物語の筋書きには慣れているのだろうが、妻との日常生活の記録を10年に亘って、撮り続ける姿勢は写真家として重要な要素なのだろう。

また、それに応じて、撮らせ続けてきた妻はいわば、ゆっくりとこの写真家を育ててきたとも言える気がする。

私は六甲山フォトレビューやワークショップで作者と知り合い、また彼の妻とも出会って、優れた写真家でもある妻の薫陶も受けている。

曰く、「ポートレイトを撮るときには相手の腕に触ると良い。」と。

戸田和宣写真展「信州 桜 さくら サクラ」

期間:2022.2.24-3.1

場所:ポートレートギャラリー。四谷1-7-12, 日本写真会館5F

昨年1月に「H20の旅II東北」の個展を新宿でしてからあまり期間も経っていないのに、大規模な信州の桜の写真展だ。この作家は江東区在住で、撮影に出かけては風景写真を撮ってきているが、今回は信州の桜で、一回行くと10日くらいは行きっぱなしで撮影しているという。桜は特に時期が限られるので、特に集中的に撮影する必要があるだろう。新種の桜もお寺の枝垂れ桜が多い。枝垂れ桜は寿命が長いし、それだけに大きくなり、見事な花を咲かせる。全部で37点、全倍8枚、全紙、25枚、半切4枚、で、広い会場が見事な桜で埋め尽くされている。満開の桜が周りの環境とともに映されていて、そこに行ってみたくなる。場所が示されたパンフレットもあり、桜撮影を試みる人には良い資料ともなる。

Quatre Sens Exposition II フォトアート4つの個性・・・遠藤志岐子・兼本玲二・永島明・宝槻稔

場所:日本カメラ博物館 JCIIクラブ25

期間:2022.2.8-2.13 10:00-18:00

昨年に続き、2度目のグループ展だが、内容的には、それぞれに進化を遂げ、それぞれの作者の説明が興味深く、楽しめる。

兼本玲二の作品は水の落ちる様を上から下に辿ると同じではなく、途中から回転し、水玉が形成される。その様子をピンクの花びらを背景に高速撮影している。いわばミルククラウンの変化系とも言える作品。ピンクを映す水玉の立体的な模様が綺麗で、そこに作家の感性が写されている。

遠藤志岐子の作品はピンホールのカラーとモノクロの作品だが、今回は風を写すことをテーマにしている。モノクロの横長の風景作品があるが、それは横長のピンホールカメラを自作して、作成している。カラー作品は夕暮れ時に長時間で写していて、夕暮れの紺青色が綺麗に写っている。

宝槻稔の作品は熱海の取り壊されるホテルの大きな窓から写した熱海の海の風景写真だが、窓に貼り付けた別の彫刻家の針金の作品や空中に飛んでいるように見える凧のようなオブジェが風景の中に見える。不動の窓から波の動く風景を見ているが、風景の方が悠久で、見ている窓の場所はすぐ取り壊されるので、瞬時的だと気がつくとされる。

永島明の作品は写真を模様の入った和紙にプリントしていて、きらきら雲母?が輝いていたり、見る角度によって和紙の模様が浮き上がってきたりする。デジタルカメラで写した花鳥風月の世界を日本画的に表現することを続けている。青白い月の入った作品は月の部分に青い光が入るように工夫されている。

飯沢耕太郎と写真集を読み尽くす Vol.18 『フィリア―今道子』 philia– KON Michiko

日時: 2022.1.22 10:00-

場所:写真集食堂まがたま 恵比寿

『フィリア―今道子』は神奈川県立近代美術館鎌倉別館で開催されている写真展のカタログだが、100点の出品作品写真が載っている立派な写真集である。

今回は作者本人が立ち合い、カタログを作成した学芸員の朝木由香氏も立ち会って、写真集をめくりながら、その創作の背景を飯沢耕太郎が今道子に尋ねていくという形で進められた。

作家はたびたび、作品の中にも紛れ込んで登場しているが、不気味な姿で得体がしれないところがあるが、実は気さくな女性だ。展覧会で展示されている写真は階調が良く、黒が締まった作品で、印画紙へのプリントが美しい。その撮影の方法も話から伺えた。作品には膨大な量の魚の目が登場するが、魚は築地で自分で選んで近所のアトリエで自分で捌いて、作品に登場する形に加工し、夕方までの窓からの明かりで、適当な時間に撮影する。オブジェは「繭少女」のようにかなり手間のかかる造形なので、かなりの時間がかかるものと想像される。しかも夕方までの時間は限られているし、魚の鮮度が劣化するので、その日のうちに撮影を終えなければならない。写真に写ったオブジェの造形は細部まで凝った、光の当たり具合にも配慮した精巧なものだ。相当の集中力が要求される。その成果は写真の中に結実するが、4ー5のフィルムで撮影しているので、写真写りを、デジタルのように確かめられるわけではない。長年の経験の結果、勘所も掴めるのだと思う。撮影が終われば、作品は取り壊して、自分で食べられる魚は口に入れるが、使用する魚の量は膨大で、とても食べ切れるものではないので、近所に配りもするとのこと(カタログの対談から)。撮影はかなりの時間をかけた撮影になっていて、作品も時間の流れを感じさせるものになっている。これは「めまいのドレス」という作品が撮影途中で動いてしまって、ドレスのぶら下がった魚がダブった、と解説していたことからも窺える。また、展覧会場の作品は全倍ないしそれ以上の大きな作品だが、これはPhotographers’Laboratoryに45のフィルムとプリント作品を渡して、プリントしてもらったとのこと。諧調の良さは印画紙への直接のプリントのせいだ。会場が満員になる盛況ぶりだった。

山岸正和写真展 東京ラッシュ

山岸正和写真展 東京ラッシュ
場所:新宿オリンパスギャラリー東京 (新宿)
期間:2022.1.6-1.13

東京での街のスナップを継続的に続けていて、これが4度目の個展である。A2サイズの横画面で統一され、広いギャラリーの4面を埋めている。
街で見かけるさりげない瞬間を切り取っている。DMのサングラスの外国人や、バス待ちで、歩道に、立って待っているおじさん、髪を靡かせたスマホを見る女性、都庁の展望台から景色をみる家族、など。「行きかう人々も足早で常にラッシュ状態。」でタイトルも「東京ラッシュ」とは言え、写っている人々は、そんな中でのふとした表情だ。

オリンパスギャラリー東京 2022.1.6

Quatre Sens Exposition

期間: 2021.2.9-14
場所:日本カメラ博物館JCII クラブ25
遠藤志岐子・兼本玲二・永島明・宝槻稔の4人展。2部屋ある広めの会場にそれぞれがミニ個展風にかなりまとまった作品を展示している。同時に、電子書籍も作成。印刷した写真集も作成して、会場で販売している。活発なSNS(フェースブック)で、かなりの情報量がそれぞれの参加者から発信され、どういう意図で、作品が作成されているかが、事前に知らされていた。
永島明は日本の伝統的な花鳥風月をカメラとデジ加工によって、深みのある世界を作成している。木の枝をカメラで撮影し、後ろに黄色い大きな月を配しているが、月は自分で作成したものという。これが掛け軸になっているが、絵の周りの模様も掛け軸の伸びた垂らした部分も全部一枚のロール紙からできているとのこと。見事な淡いピンクの枝垂れ梅は苦労して探し当てたよう。DMに採用されている鳳凰風の鳥は掛川に白いクジャクが実際にいて、そこに撮りに行っているとのこと。それを奈良の寺の上に配している。ボタンと黒揚羽蝶の絵も実は別々に撮ったものを合わせているし、背景の金箔も色々工夫して編み出した色とのこと。
この展覧会の中心になった宝槻稔はプラチナプリントで、窓枠からの風景をそれぞれに想いを込めて撮影したもの。しかもプラチナプリントをスキャンして、キャンバスロールにプリントして、自分で、キャンバスを木枠に貼ったものも展示。キャンバスの質感が独特の柔らかさを醸し出している。
遠藤志岐子はピンホールカメラで海の波打ち際の波の作り出す造形を、多重露光で一つの画面に仕上げている。実際に使用したカメラも改造したり自作のもので、自作のものは大きなキャンディー入れの缶の子供の目のところに穴を開けて缶の内側にフィルムを取り付けて、撮影している。ピンホールは穴の開け方、フレアーの出方が難しいが、それも検証しながら作っているとのこと。作品は全てモノクロの正方形。寄せる波と引く波で模様が違い、両方が合わさった模様もある。
兼本玲二はモノクロのバイテンのカメラで撮った写真を2浴現像という手法で黒の潰れるところを起こしてプリントしたもので、暗いところから明るいところまで階調が出ていて美しいプリントである。これもプラチナプリント。画用紙風の紙に液を塗って、紫外線露光したとのこと。
それぞれに工夫のある確立した手法で、作品を作成しているので、とても見応えがあり、それぞれの作家が丁寧に意欲的に説明をしてくれた。会場は、観客も絶えず、非常事態宣言下とも思えないような賑やかな展覧会であった。

山岸正和 写真展『手記』

期間:2021.1.28-2.3
場所:アイデムフォトギャラリー「シリウス」
四谷写真塾佐藤ゼミ所属で、小生と同門である。これが4回目のモノクロによる街の風景の写真展である。週末にはいつも街を歩いて自分の目を惹きつける事物を撮影して回っている。そうすることで、「その時の自分を記録する。」物を見据える視点はより強くなっている印象を受ける。
本人は不在で、代わりに妹さんが対応してくれたので、他の塾生と一緒に記念撮影に加わっってもらった。

蝶名林稔写真展「送り盆」

蝶名林稔写真展「送り盆」
期間:2019.6.14-20
場所:富士フォトギャラリー銀座

同じ四谷写真塾の佐藤ゼミの塾生の写真展

作者は新潟県燕市に住み、新潟県の寺泊野積の送り盆の風習を9年間にわたり撮影し、送り盆に参加している家族の姿を写している。旧暦に従い、「8月14日にカヤを編んで船を作り、16日の早朝に家族総出で先祖の霊を日本海に送り出す。盆提灯で飾った船に、精霊棚の花や果物などを乗せ、それぞれの想いを胸に秘めながら合掌して先祖の霊を送る。」
カヤの船を手押し車に乗せて家族で海岸に運ぶ光景から、海岸で船を送り出し、家族で手を合わせて祈る姿、カヤの船を作っている工程、精霊を送り出した後、船に乗せて運んだスイカをスイカ割りをして、そのスイカを大事そうに運ぶ女の子、美味しそうに食べる夫婦など、先祖とのつながりの中で安心を得ている普段着での気取らない人々の姿がまとめられている。写真はクロの締まったモノクロで、展示作品を網羅した写真集も出版されている。作者の意図した記録に残すという課題は十分に果たされていると言えるだろう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Q4A114927_TRFULL_boarderb1295-411x600.jpg です