東京写真月間「地域との共生」浅野久男「”Kai”を探して。A Journey to Find “Kai” in Hokkaido」                 太田昭生「豊島30年”産廃からアートへ”」

場所:エプサイトスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

期間:2022.5.27-6.8

2つの写真展が同じ会場を2分して開かれている。

浅野久男「”Kai”を探して。A Journey to Find “Kai” in Hokkaido」

作家は札幌在住だか、旅する写真家として北海道の各地を訪れて、各地の写真を撮っている。“Kai” とはアイヌ語で「この土地に生まれたもの」という意味で、松本幸四郎が「北海道」の命名の基になった言葉でもある。

そこに見えてきたものは、絶景とされる美瑛の風景などとは違う、衰退し、寂れた農村や町の風景である。札幌など限られた所以外の過疎化の現状が映し出されている。夕張の寂れた姿は特に作家の情感に訴えるものであるようでもある。

太田昭生「豊島30年”産廃からアートへ”』

作家は小豆島在住で、同じ瀬戸内海で産廃の島として有名になった豊島が産廃のゴミ溜めの島からアートの島に変身する過程を、1990年から2010年までの30年の定点観測によって島が変貌していった様子を写真に収めている。

過去はモノクロで、2010年はカラーで印刷することで、違いを際立たせてもいる。しかし、ここでも廃屋は廃屋のままで、過疎はここでも進行が止んでいないことも示されている。しかし、ここでは子供たちを含めた祭りの情景も示され、中でもケネディ駐日大使がお忍びで豊島の美術館を訪れた時に祭りと遭遇して、撮った記念のカラー写真が色を添えている。

亀山仁写真展「ミャンマーの人々と戦果の記憶」

期間:2022.5.5-11

場所:ポートレートギャラリー

作者はすでにミャンマーの人々や風景の写真を冬晴ギャラリーなどで発表し、写真集も出版している。

ミャンマーの子供たちの写真は外国人が撮る写真に関心があり、撮ってもらいたがる愛嬌がある、いわば、我々にとっては懐かしい子供たちの表情を写している。

今回は子供たちの写真もあるが、とても年配の彫りの深い人々の写真が展示されている。その人たちは戦時中のインパール作戦の頃に日本兵と関係した人々で、その頃の日本兵の慰霊祭を欠かさず行っている人だったりする。作者はミュンマーに日本兵が残した行跡を辿って、日本との関係を掘り下げようとしている。現代の日本と2021年にクーデターを起こした軍隊との関係にも立ち入ろうとしている。ミャンマーの人々の生活のあり方にも影響を及ぼす、政治にも関心を深めていると言えよう。

風景写真もインパール作戦の場所であったなどの詳しい説明がついていて、教えられることも多い。